顎ニキビがひどい

生理前のニキビ

生理前のニキビ

なかなか治らず多くの人を悩ませている顎ニキビ。せっかく治ってもまた繰り返してしまう顎ニキビですが、女性の場合、生理前の2週間の体に起こる変化が顎ニキビをできやすくしていることがわかったのです。

 

鼻やおでこにできる思春期ニキビに対し、顎やフェイスラインに出来やすいのが大人ニキビです。この原因は自律神経が乱れることで起こるホルモンバランスの崩れ。ストレスなどで自律神経が乱れると男性ホルモンが過剰に分泌されます。この男性ホルモンの影響を
特に受けやすいのが顎と言われています。男性ホルモンが過剰になると、顎の毛穴から皮脂が大量に分泌されてしまします。その結果、余分な皮脂が毛穴を詰まらせ顎ニキビが大量に発生してしまうのです。

 

女性の場合、生理前の2週間は大きなストレスを感じなくても皮脂が分泌されてしまうのです。それは男性ホルモンに似た、黄体ホルモン(プロゲステロン)がでるから。この黄体ホルモンは卵胞ホルモン(エストロゲン)と同じく、卵巣で作られる妊娠にとても大切なホルモンです。

 

この2週間、体は妊娠している状態なので、ダイエットやニキビが出来やすい甘いもの、脂っこいものは控えたほうが良いでしょう。逆に、生理後の1周間は肌トラブルが起こりにくい時期なので、どうしても食べたいときはそのタイミングで食べると良いでしょう。